古くても狭くてもシンプルにナチュラルに…
by emi
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

奈良へ 〜過去と未来への旅〜
去年の今頃、
「来年はemiちゃん観に来てくれるの〜?」
と親友Mっ子の娘ちゃんが言っていたそうで。
行きますとも〜

本日、吹奏楽コンクール奈良県大会 中学生の部へ行ってきました。
Mっ子と私は吹奏楽部繋がりで、高校時代からの付き合いです。
同じクラスになったことがないのが意外なほど、
家族同然の大親友であります。
その親友の娘ちゃんだから、私にとったら姪っ子みたいなもんかな。
行きますとも〜

久しぶりに近鉄に乗って奈良へ。
いろいろ変わってましたね〜
奈良方面の若江岩田〜東花園が高架の綺麗な駅になっていました。
近鉄ハーツは跡形もなく…
その倍以上の土地(東方向)がさら地になっていてビックリ。
何か巨大なプロジェクトがあるのかしらん?
生駒を越えて私の育った学園前を越えて西大寺を越えると、
「右手に見えますのが…」みたいなバスガイドチックな車内アナウンスが!
平城宮跡です。
毎日のように電車から見ていた景色が、
こんなに賑わっているのがなんとも不思議。

コンクールは朝からでしたが、私はお昼を食べてからMっ子と合流しました。
曲が始まって間もなく、
「やばい…」
涙が出てきました。
毎度のことですが、誰が演奏していようが、あの音の響きに勝手に出てくる涙。
曲、というより音です。
音そのものにいろんな思いが詰まっていて、一気に引き出されるのでしょう。
Mっ子も全然関係のない学校の演奏で泣いていたそうです。やっぱり。

久々に聴いた演奏は私たちの頃より格段にレベルが高くて、
どの演奏にも生徒たちの努力が見えて素晴らしかったです。
が、娘ちゃんの学校の演奏には驚きました。
まさかこんなに上手いとは!
前評判を何も聞いていなかったので、余計に感動的でした。

推薦枠の学校はコンクールの常連さん。
さすがのテクニックとコンクールらしからぬ映画音楽メドレーで、
会場は大盛り上がりでした。
あの場でTwo for the roadが聴けるとは…

そして審査発表。
昨日今日2日間の出場校のうち、金賞3校が関西コンクールへ。
2校が昨日の出場校から選ばれてしまって、残るは1校。
今日、朝から演奏した沢山の学校から1校しか選ばれないなんて〜
ひたすら祈りつつ、ダメでもいいよ〜とも思いつつ。

結果!
関西コンクール出場決定です!
素晴らしい〜
Mっ子とふたり、泣きました。。。
結果はあくまで、おまけです。
部活の思い出、子供たちの成長。
懐かしさだけじゃなく、まだまだ夢を先へと繋いでくれました。
素敵な一日をありがとう♪



会場のそばまで遊びに来ていた可愛い子たち。

平城遷都のお祭りで賑わう現在(いま)の奈良へも、
新しい思い出作りに出かけるつもりです。
 
初孫の務め
祖母が亡くなりました。
暗い話が始まる?

と思いきや、
なんと100歳の大往生!
100歳ともなると 逆にめでたいくらいです。
お通夜、葬儀の賑やかさは、まるでお正月。(笑)

今回、大役を担うことになった私は、
危篤の知らせを受けてからはほとんど病院にいました。
そして祖母が息を引き取ってからが本番!

斎場、葬儀社、お寺、親戚と電話を掛けまくり、
携帯電話フル稼働です。
お寺に着いてからは、納棺のお手伝いもさせていただきました。
おばあちゃん60kgです。重いっ。
口紅も塗ってあげました。オーブの新色。(笑)

そこから3日間、ほとんどお寺で過ごしましたが、
ちょうど、アジサイが満開の季節。
沢山のアジサイが目も心も癒してくれました。
祖母が私の居場所を作ってくれたのでしょう。

それに、危篤の知らせを受けたのは、
私の1年8ヶ月に亘るリハビリ生活が終わった翌日です。
きっと待っていてくれたのだと思います。
その間に、お寺も斎場もリニューアルされて、
ピカピカの場所で最期の時を過ごすことができました。
場所は大事です。
葬儀のジメジメ感が大分軽滅されます。(っていうかほとんど無し)

全ては祖母のお導き。
感謝いたします。
どうぞ安らかに…100年、お疲れさまでした。
すべては自分で選んだこと
銀行で列に並ばずに済んだり、
ちょっとの差で雹(ヒョウ)に遭わずに済んだり、
1時間待ちが当たり前の病院で1番に診てもらえたり、
電車の乗り継ぎがスムーズだったり…

そんな今日この頃です。
上出来です♪

仕事場のロッカールームに新聞の切り抜きが貼ってありました。
素晴らしい言葉の数々。
覚えていた言葉で検索してみたら全文を発見しました!
大前研一 『ニュースの視点』 2009/7/28特別号より引用とのこと。
この場でもう一度ご紹介させていただいて、
私も自分の胸に頭に瞼に深く刻み込みたいと思います。


1.安楽な日々は過ぎ去る、充実した日々は積み重る
2.楽を求めるほど苦しくなり、夢に向かうほど楽しくなる
3.うまくいかないことを楽しめた時、成果は最大となる
4.決意は伝えなくとも伝わる
5.罰を与えず、夢を与える
6.苦境に挑む姿が他人を育てる
7.明日やるというウソ
8.歩き出すと道が見えてくる
9.できない理由はできる理由
10.批判に感謝した時、批判は消え去る
11.成長するほど他人の長所が見えてくる
12.万策尽きた時、あきらめないという名案がある
13.とことんやると他人と違うものになる
14.一粒の雨が海になる、一粒の汗が未来になる
15.何でもとことんやると自分らしくなる
16.どんな時でも手法は百万通りある
17.商品に魂が入ると作品になる
18.大事なものほど身近にある
19.すべては自分で選んだこと
20.他人を変える最良の方法は、自分を変えることである
21.無駄な努力はない、成果は出ずとも成長している
22.決意とはいかなる困難をも受け入れること
23.できるかできないかではなく、やるかやらないか
24.信用とは努力である
25.限界は自分でしかつくれない
26.今までより、今から
27.何をするのかよりも、なぜするのか
28.謙虚な者ほど大きく見える
29.大変とは、大きく変わること
30.本当に自信がある時は腹が立たない


おっしゃる通り!
明日やるというウソ。

確かスガシカオさまは、

『明日からぼくはちゃんとするよ〜』

と歌ってたような…
あ。続きがありました。

『何ひとつできやしないのに しないのに…』


やりましょう!
 
築40年!
今年のわが家は特に迎春の雰囲気も無し。
普段となんら変わらぬ日常を過ごしています。
鏡餅が1つ余ってしまったので、
1つは小鳥ちゃんに。
迎春のご挨拶をお願いすることにします。



あけましておめでとうございます。
いよいよ今年、cozy roomは築40年を迎えることになりました。
メンテが中心となっている今日この頃ですが、
今年も楽しみながら心地よい空間を作っていきたいと思います。
2010年もどうぞよろしくお願い致します。
 
2009年 検索キーワードBEST5
もともとが極端な性格のせいか、
働く時は働く!休む時は休む!(基本、休みが好きです)
それがここへ来て働くモード全開。
いつから休んでいないのか…?
良く分かりません。(汗)
そして次の休みは年明け5日か6日頃の予定です。
去年の年末は完ぺきな療養生活だったので、
2009年中に巻き返しに突入できたのは、
私にとっては嬉しいこと。
頑張って小鳥のエサ代を稼ぎます!

とは言っても、息抜きは必要。
今日は心の友sperryの真似をして、
検索キーワードランキングなど勝手に書いてみたいと思います。

1位 cozy room

当り前か。(笑)

2位 喉が痛い 治し方 (健康)

私流風邪の治し方という記事を書いて以来、
コンスタントにアクセス頂いております。
お役に立てていれば良いのですが。

3位 風邪の治し方 のど (健康)

上に同じ。

4位 春財布 時期 (運気アップ)

財布を新調するなら春、という説についての検索ですね。
もうすぐ新春です!

5位 コジマジック 収納 (インテリア)

今やテレビや雑誌に出まくりのオーケイ小島さん。
テレビの放送日にはグッとアクセス数が上がります。
次回のセミナーも早々に満席になったそうです。
そんな人気セミナーの第1回に参加できたのは、
本当にラッキーでした。

インテリア記事が中心のブログのはずだったのに、
ひょっとして健康ブログ化してきているのかな?
アロマやハーブの記事も多めだし。
来年はインテリアにももう少し力を入れていきたいと思います。
もちろん健康第一で!

こんなきままブログですが、2009年もお付き合いいただき、
本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

それでは皆さま良いお年を♪
運気アップの原因
12月は私の誕生月でもあります。
恐れ多くも皇室の方と同じ誕生日。
毎年、ニュースやワイドショーで必ず取り上げられるので、
少なからず思い出してくれる知人友人がいます。
本当に有難いお話♪
私はいくつ?って感じです。

そして毎年思うのは、誕生日辺りを境に暮らしに変化があるということ。
何か流れが変わるようです。
今年は、既に人間関係や仕事のペースが変わってきています。
それも、私に大きな影響を与えてくれるような出会いもあり♪
確実に運気アップなのです。

気付けば毎年12月はそういう感じかも。
元旦を迎えるより一足先に誕生日で新年を迎えている感覚です。
何かの占いでそんなことを言っていた気もしますが…
今年は特にそれを強く感じた、今日この頃です。

最近、片付けモードだからかな?
誕生日じゃなくてそっちかな。(笑)


 
実りの秋
もともと連休だからと特にどこかに出かけることはなく、
この3連休も仕事をしたり衣替えをしたり、
『引きこもりん』らしく地味〜に過ごしていました。
最後の昨日はあまりにお天気が気持ち良さそうだったので、
ずっと先延ばしにしていたリハビリの宿題に挑戦!
それは…
自転車に乗ること。

右手首の硬さが急ブレーキに耐えられるか。
不安がよぎります。
一応、ドクターからも療法士さんからもチャレンジのOKが出ているので、
道幅が広くて交通量の少ない直線を走ってみることにしました。
まずエレベーターに乗せるのに自転車が持ち上がらない。(汗)
やっぱりまだダメなのかな〜
なんとか下に降りて、いざ、自転車に。

あ〜なんて懐かしい風なんでしょう♪
金木製の香りで胸がいっぱいです。
心配をよそに、いとも簡単に自転車ライフ復活の兆しです!
もっと前に乗れば良かった。

家から少し遠いスーパーで買い物をして、
帰りは違うルートを通ることにしました。
カーブあり強烈な上り坂あり。
もともと自転車は大好きで運転にも自信があったので、
すぐに勘を取り戻して楽勝でした。
ドクター&療法士さんに報告するのが楽しみです♪

今回、久しぶりに乗って感じたこと、
それは…
自転車は脚力勝負だな〜と。(当たり前ですが)
なので、片手運転(それも右手)も出来たし、坂道も立ちこぎ無し。
ブレーキも左手で十分間に合いました。
オバちゃんだけどまだまだイケるじゃん!
すっかり自信を取り戻しました。
寒くなるまでにどんどん乗りまくりたいと思います。 

ご近所さんからお裾分け。



還暦をとうに超えたご近所さん。
今日も颯爽と自転車に乗ってお出かけ。
私の目指す姿がありました。
タワーマンションを見学
先日、昔の仕事仲間で友人でもあるご夫妻のお宅へ押しかけてきました。
そこは最近流行りのタワーマンション。
しかも大阪梅田の徒歩圏内という素晴らしい立地です。
エントランスから、まるでホテルのような贅沢なつくりで、
思わず声が出ました。
「ホテルみたい!」
ちなみに参加メンバーは全員ホテルマンです。(笑)

定期的に集まるメンバーですが、
今回は私を含めて5人。
私以外は男性なので少々かさ高い…
ということもあって、(笑)
急遽、予定を変更。
別のフロアにある居住者専用のパーティールームに、
場所を移すことになりました。

よく不動産を紹介する番組などで目にして、
「こんなんほんまに使うんかな?」
「そんなん無くても安い方がいいんちゃうん?」
などと突っ込んでおりましたが、
実際、使わせて頂くと…
「これは値打ちあるわ〜」と再認識致しました。

使わせて頂いたのは大きなアイランドキッチン付きのお部屋。
2、30人のパーティーは余裕で開けるスペースで、
お料理もみんなでお喋りしながら作れます。
こういう時ホテルマンが一緒だと有り難いことこの上なくて、
女性以上によく動いてくれます。
下手に触ると怒られたりして。(汗)

集まりの多いお宅などには、
特に奥さまには有り難いスペースなのではないかと思います。
最悪、お家が片付いてなくても乗り切れる!?(笑)
これがこれからの時代の常識になるのかな。
わが家とは対極にある最新式のマンションを堪能することができました。
春のせいじゃなかった…
今日は病院の日。
お薬を出してくれていたドクターの月1回の診療日で、
最近の不調を訴えてみました。

「お薬をやめた後、体調が変わるとかってありますか?」

すると先生のお答は…
「やめてすぐじゃなくて2週間後くらいに不調を訴える人が多いです。」
2週間!
めまいが始まった時期とピッタリ一致します。

きついホルモンの薬を半年も飲んでいたので、
体がホルモンを作るのをお休みしていたのです。
薬がなくなったのでこれからは自力でホルモンを作りだす、
ということで、あとちょっとの我慢。
徐々に自然に良くなってくるそうです。
それを聞いたら急に元気になってきました。(笑)

目指せ絶好調!
GWまでに間に合うかな〜
4月1日だけど…
私の通う病院は、現在、新館へお引越しの最中で、
診察は新館、検査は旧館、処置は新館、会計は旧館…と、
スタッフも患者もウロウロしています。
超レトロな暗〜い旧館から、最新システムを備えた明る〜い新館へ。
言うなれば、ビデオテープからいきなりブルーレイって感じ。(笑)

1階のエントランス部分はまだ未完成ですが、
一角は既にカフェスペースっぽい作りになっています。
その他の広いスペースはどうなるのか先生に聞いてみると、
コンビニのスペースと、将来的にはミニコンサートが出来る癒しの空間にしたい、
とのこと。
「手が治ったら是非ここでピアノを弾いて下さい」
と言ってくださいました。
いつのことだか、本当に実現するのか、夢みたいな話ですが、
そういう楽しい話があると、また治療への気力が高まるというもの。
頑張ってリハビろう!
もし実現しなくても、
今日は4月1日だしね!(笑)