古くても狭くてもシンプルにナチュラルに…
by emi
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 女はそれを我慢できない | main | 虫よけハーブな日々 >>
夢をかなえるゾウ

関西地区では昨日まで再放送されていました。
今更ながらガネーシャの虜です。
本屋さんでは文庫本が平積みの山積みになっていたので、
ブームより遅れること3年、(単行本刊行は2007年8月)
読書の梅雨でございます。



テレビを先に観てしまうと、

ガネーシャ=古田新太氏

この図式は揺るぎなく、あの声、あのお腹が蘇ってきます。
最高のキャスティングです。
わが家にもガネーシャが欲しい…

と言っていたら、こんなところに!



何年も前からストラップに付けていたのでした。
インドのお土産にいただいたもので、
この子が神様だったこと、すっかり忘れていました。(汗)
またガネーシャ(古田新太氏)が拗ねる姿が目に浮かぶ…
ごめんなさい。

すぐに取り組める小さな提案や、偉人に共通する考え方などを、
ここまで楽しく書いて下さった水野敬也氏に感謝致します。
巻末のガネーシャ名言集や偉人索引なども有難い♪
友達の子供さんなどに是非読んでほしいです。

スポンサーサイト
文庫本が出たんですね。
私はまだ読んでいないのですがうちの旦那が本が出た頃買って読んでいました。その本を飾り棚に置いていたら今年大学生になった生徒さん(女の子)が「その本貸してもらえませんか?」と言って持って帰った事を思い出しました。私も読みますね〜

ストラップ可愛い。可愛い神様ですね。
pamu | 2011/05/31 20:17
◆pamuさま

単行本が家にあるなら是非!
文庫本は字が小さくて辛いです(−−:)
楽しいし為になりますよ〜☆

ストラップは何年か前にしょーじさんにいただきました♪
正真正銘インドの子です(^^)b
ずっと付いてたのに忘れてたなんて…バチあたりですね(^^;)
emi  | 2011/05/31 22:36
COMMENT