古くても狭くてもシンプルにナチュラルに…
by emi
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 太い | main | 秋のランチタイムコンサート 再び >>
ブロカントってな〜に?
久しぶりにピッタリとくる内容でした。
昔より随分薄くなった印象。
お得感も薄れてしまいましたが、
おまけに発売から大分経ってますが、
それでもやっぱり買ってしまった。



PLUS1 LIVING

ブロカント…最近良く耳にしますが、
分かるような分からんような。

元々はフランス語で古道具屋さんというような意味らしいです。
アンティークほどは年月が経っていない古い生活道具を、
そう呼ぶようになってきているとか。
書いてました。
そう聞くとアンティークより取り入れやすそう!

実はずーっと手付かずの場所がありまして…
ここです。



チェストの取っ手。
プラスチックの安っぽい子供部屋仕様。(汗)
ちょうど合う穴のサイズのものが見つからず放置していました。
穴の部分を覆ってしまえるシェル型なら、
サイズにこだわらず付けられるんじゃないの〜?
ほら!



左手でのネジ回しは大変でしたが、出来上がりには大満足!
気付いたらすっかり西日の時間です。

 

PLUS1 LIVINGの中にも家具のノブを替える方法が載っていますので、
ご参考に。
気分転換に相当効果大です。
スポンサーサイト
ブロカント、ブロカント…(-公- )
なんか聞いたことあるなぁと思ったら
「ティグルブロカンテ」ってショップがあったなぁ!
で、調べてみたら福岡のショップだったんでした。

オチなしで〜す(^^;
M | 2010/10/17 13:03
Mさん

オチなし歓迎!(^^)
HPに飛びました〜
やっぱり古道具屋のイメージらしいですね!
確かに最近、雑貨屋さんだけに限らず、
カフェや服屋さんのインテリアもこんな感じが多い気がしますね〜
昔からあるから流行り廃りなくていいわ〜♪
emishing | 2010/10/17 13:37
COMMENT