古くても狭くてもシンプルにナチュラルに…
by emi
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ウリベート復活
夏は炭酸!
ここ2年ほど入手不可だったウリベートをネットで見つけました!



やっぱり私には微炭酸の方が飲みやすい。
妹作の紫蘇シロップ、梅シロップ、生姜シロップが出来たので、
ウリベートで割ってみました。
ウリベートの塩味が隠し味風で、絶妙です!
生姜シロップは炭酸の方が、よりジンジャーエール感が出ます。
これだけあると、元気に夏が越せそうです!

 
飛弾のお土産
10月になって急に秋らしくなりました。
金木犀がどこからか香ってきます。 
いちばん好きな季節です。

妹の飛弾土産。



栃の実ゆべし

素朴な味が癖になる。
この食感、何かに似てる…
ボンタンアメです!

そして何故かトウガラシの実。(鑑賞用です)
香りはトウガラシと言うよりは…
ピーマンです!

鮮やかな色が元気をくれます。
奈良漬サブレ
妹が燈火会に行ってきたので、
おみやげ。

 
             ほとんど食べた後の撮影

奈良漬サブレ

奈良女子大 奈良漬プロジェクトと仏菓子教室ドネー ドゥ ガトーの
共同開発商品ということですが、
奈良漬の味はほとんどしません。
多少奈良漬かな?という苦味が残りますが、
他の味とのバランスが絶妙でアクセントになっています。

奈良漬は瓜をお酒に漬けているものなので、
言うなれば、フルーツのラム酒漬けとかの日本版かな。
違うけど遠くもない。

「奈良県観光みやげもの大賞」の、
菓子・食品部門で「最優秀賞」を受賞しているだけあって、
おみやげとしてもらって嬉しいサブレに仕上がっています。

更におみやげ感アップのポイント発見!
よく見ればラッピングの紙袋に鹿の角がデザインされていました。
とてもさりげなくて◎
梅サワーと梅ジャム
梅サワー解禁!



リンゴ酢で作る梅サワー。
炭酸で割るとなんて爽やかなんでしょう♪
取りだした梅はレモン汁ときび糖で煮詰めてジャムにしました。
食欲増進で夏を乗り切りましょう!
 
フィンランドのベビー用ミルク
先日の記事に書いた我が親友
そしてその仲間たち。
本当に頑張ってくれていて、
ついには議員さんも動き始めるという、
大きなパワーとなっています。

「フィンランドには紙パック入りのベビー用ミルクがあってすごく便利よ〜」

彼女からこの話を聞いたのは、もう何年も前のこと。
日本にもあったらいいのにね〜
なんて話していました。

お湯で調合不要
常温で保存可能
温めなくてもそのまま飲める
つまり、

水がいらない!

このミルクがいよいよ被災地に入ります。
感動です!

こんなに便利なミルクでも、
直輸入するには様々な難関があるようなので、
それなら、なんとか日本でも開発してほしいものです。
今回は被災地に向けてということですが、
母乳を与えたくても与えられないお母さんもいます。
母乳の出ないお母さん。
母乳の飲めない赤ちゃん。(実は私がそうでした) 

今回のことで、近い将来に日本でも!
前に進んでほしいです。
瓶も可愛い♪
先日、meijiの乳飲料のサンプルを頂きました。
5種類も。
太っ腹ですね〜
別にタダだからいいか…なんて気軽に頂いたのですが、
これがどれも美味しい!
中でもコラーゲンドリンク。
今まで粉末、ドリンク、ゼリーなど、様々なものを試しましたが、
(あまり高価なものは試してませんが)
どれもやっぱりコラーゲン。
コラーゲン臭さが気になりました。
今回頂いたmeiji うるおうコラーゲンは、
今まで飲んだものの中で断トツの1位です。(emishing調べ)
お味は…マミーとかそんな感じ。
確かに今まで飲んだものは乳飲料ではなかったな…

お店では売っていないので、
今月から宅配をお願いしました。
子供の頃のヤクルト以来です。(笑)
今日はおまけも頂きました。



瓶はリサイクルで回収されますが、
「瓶が可愛い♪」
と言ったら置いていってくれました!



何かに使えそう。又もらおう♪

肝心な効果のほどはこれからですが、
レビューによると、かかとのカサカサが良くなったとか!?
かかとね〜
確かにちょっと来てます。(汗)
冬が来る前に対策です。
まだ間に合うかな。
 
ウリベート入手!

入手困難だったウリベートがようやく。



パッケージやボトルのラベルキャップの色が違います。
並行輸入品なので、価格も1本あたり100円しませんでした。
癖があると賛否のあるウリベートですが、
わが家では夏の定番。
飲みなれた味が帰ってきました。

食べる押し花

長い間、夏休みの宿題のイメージしかなかった押し花。
今、密かにブームのようで、カルチャースクールなどでは、
押し花アートが意外と人気なのだとか。
わが家にも押し花のしおりがあったような。

先日、無事に祖母の四十九日を終えて、
満中陰のお菓子がわんさか。(既に大半を消費)
その中に綺麗な煎餅のようなクッキーのようなお菓子がありました。



なんと、食用花の押し花がついています。



花の味も香りも食感も特にありませんが、
手の込んだ感じが嬉しいです。

長いようで短かった祖母のお見送り儀式はこれで終わり。
こんなに親戚いたっけ?と思うくらい沢山の人と会い、
そこから新しいご縁も生まれました。
そうかと思えば、バタバタと慌ただしい日々の中、
私が昔から兄のように慕っていた人の訃報を聞いたり、
正直、頭の整理、心の整理には苦労しましたが、
そんなことも風のように通り過ぎていくのですね…
そう教えてくれた友人の言葉。
とても効きました。ありがとう。

ということで、これからいっぱい遊びます♪
せっかくの夏だからね!

ウリベートはいずこへ
今年もウリベートの季節がやってきました。 
しかし!
どこに行っても売り切れで入手困難という事態に見舞われております。
なんで〜?
ひょっとしてワールドカップと関係あり?
仕方なく、今年はロケッタの微炭酸にしました。
なんとなく似た感じだったので。



お味はウリベートのしょっぱさが無い代わりに、
炭酸がきつくて苦いような辛いような…
微炭酸ではありません。しっかり炭酸です。
梅シロップを割るのには夏らしくて良いですけど。
普通にお水としては飲めませんね〜私は。
いろいろ割ってみよう!
懐かしのお皿
パンについているシールを集めてお皿をもらう…
あのヤマザキ春のパン祭りが、
なんと今年で30周年らしいです。
実家にいた頃、毎年母が集めていて、
いろんな種類のお皿が、勝手に(?)揃っていくのが楽しみでした。
全ラインナップはこちら。 
今回は30周年記念ということで、
今までの中で一番人気のお皿が復活したそうです。



オーバル皿。
引き換え期限ぎりぎりに、3枚貰ってきました。
一番人気というのが頷けます。
薄くて軽くて繊細で大変美しい!
実家にあった、あのフランス製の割れないお皿の質感が、懐かしくもあり。

春のパン祭り、北海道では1ヶ月遅れなのですね。
なるほど。確かに他の地区とは春の期間が違うかも。